“ミャンマー軍に圧力を” 東京の米大使館近く 約3500人が集会

ミャンマーで治安部隊が軍事クーデターに抗議するデモ隊に対して発砲するなどし、各地で死傷者が相次ぐ中、日本のアメリカ大使館近くでは、日本で暮らすミャンマー人たちが国際社会に協力を求める集会を開きました。

この集会は、日本で暮らしているミャンマー人でつくる団体が開いたもので、団体によりますと、東京 港区のアメリカ大使館の近くにおよそ3500人が集まりました。

ミャンマーでは20日、中部の都市マンダレーで、治安部隊が軍への抗議活動として職場を放棄していた給油施設の作業員に発砲して、ボランティアの救助隊によりますと、男性2人が死亡し、少なくとも30人がけがをしたということです。

こうした中、日本で暮らすミャンマー人たちは「ミャンマーは助けを必要としています」と書かれた紙や拘束されているアウン・サン・スー・チー国家顧問の写真を掲げ、国際社会にミャンマー軍に対して圧力をかけていくよう協力を呼びかけました。

集会に参加した40代の女性は「ミャンマーの未来のために、国際社会に対して、『私たちを助けてください』、『私たちを見捨てないでください』と訴えたい」と話しています。

ミャンマーでの軍事クーデターをめぐっては、アメリカのほか、イギリスやカナダもミャンマー軍の幹部などに制裁を科すと発表しています。