ラグビー 福岡堅樹 順天堂大医学部合格 今季で引退 医師の道へ

おととしのラグビーワールドカップで日本の躍進に大きく貢献した福岡堅樹選手が、自身のツイッターで順天堂大学の医学部に合格したことを明らかにしました。福岡選手は今シーズン限りで現役を引退し本格的に医師になる道を進むことになります。

ラグビートップリーグ、パナソニックの福岡選手は俊足が持ち味のウイングでおととしのラグビーワールドカップで4つのトライをあげるなど日本のベスト8進出に大きく貢献しました。

医師になるため今シーズンかぎりで引退することを明らかにしていて20日午後、自身のツイッターで順天堂大学の医学部に合格したことを明らかにしました。

そして「多くの方々の助けがあって成し遂げられたと思います。この感謝の気持ちを忘れずにまた新たな挑戦の道を歩んでいきたいと思います」とメッセージを添えています。

福岡選手はラグビー選手として活躍するかたわら週3回ほど医学部専門の予備校に通い1日6時間にわたって授業を受けるなど受験勉強も続けていました。

福岡選手は20日はリコーとの開幕戦にウイングとして先発出場し、トライを1つ決めて、チームの勝利にも貢献していました。