競泳 池江璃花子 復帰後初の100mバタフライで決勝進出

競泳の池江璃花子選手が、都内で行われている大会で、競技復帰後では初めて女子100メートルバタフライに出場して予選で1分0秒06をマークし、全体2位で午後の決勝に進みました。

去年、白血病から競技復帰を果たした池江選手は、東京・江東区の東京辰巳国際水泳場で20日から始まった「東京都オープン」に出場しました。

池江選手は去年8月にレース復帰後、これまで4つの大会に出場し種目は自由形に絞っていましたが、今大会は初めてバタフライにエントリーし、20日午前の予選では女子100メートルバタフライに出場しました。

この種目は病気公表の直前となったおととし1月以来のレースでしたが、池江選手は前半から伸びやかな泳ぎをみせて抜け出し、後半も最後までトップを譲らずに1分0秒06のタイムで1着でフィニッシュしました。

池江選手は全体2位で午後の決勝に進み、東京オリンピックの代表選考会となる4月の日本選手権への出場に必要な参加標準記録の1分0秒29を突破しました。

100メートルバタフライは池江選手がもっとも得意とする種目で、3年前にマークした今も日本記録の56秒08はその年の世界1位のタイムでした。