サッカー W杯アジア2次予選 日本とミャンマーの試合が延期に

来月25日に予定されていた、サッカーのワールドカップカタール大会、アジア2次予選の日本とミャンマーとの試合が、延期されることが決まりました。

サッカーのワールドカップカタール大会のアジア2次予選は、新型コロナウイルスの影響で、開催が延期されていましたが、来月下旬に再開します。

再開後の最初の試合として日本は、軍によるクーデターが起きたミャンマーと25日に日産スタジアムで対戦する予定でしたが、日本サッカー協会は19日、この試合が延期されることを発表しました。

ミャンマー側から、AFC=アジアサッカー連盟に対し、試合の開催を延期したいと申し出があり、承認されたということです。

AFCからは、2次予選を6月15日までに終えるよう求められているということで、協会は今後、代わりの日程を調整するということです。

日本サッカー協会の反町康治技術委員長は「ミャンマー国内の情勢か、コロナか、どちらかの影響だと思うが、延期の詳しい理由はわからない。われわれは従うしかない」と話していました。