ソフトバンク 石川柊太が初の開幕投手に

来月26日に開幕するプロ野球で、ソフトバンクは昨シーズン、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した石川柊太投手が、初めて開幕投手を務めることになりました。

これは19日、工藤公康監督がキャンプ地の宮崎で明らかにしました。

育成出身の石川投手はプロ8年目の29歳で、開幕投手を務めるのは初めてです。

石川投手は昨シーズン、開幕から先発ローテーションを守り、11勝3敗、勝率7割8分6厘で、自身初のタイトルとなる最多勝と最高勝率を獲得しました。

石川投手は、この春のキャンプで新しい球種の習得に力を入れるなど、順調な調整を続けています。

一方、キャンプでは昨シーズンの開幕投手、東浜巨投手とエースの千賀滉大投手がリハビリ組で調整を続けています。

こうした中、大役を担う石川投手は「チームの1戦目なので、その重みは間違いなくあると思う。いつもと変わらず、責任と自覚を持って投げたい」と意気込みを示しました。

2年連続のリーグ優勝と5年連続の日本一を目指すソフトバンクは、来月26日の開幕戦で、昨シーズン2位のロッテと対戦します。