日銀 金融緩和策「点検」 “副作用にも配慮を” 生命保険協会

日銀が、来月の会合をめどに結果を公表するとしている金融緩和策の「点検」について、生命保険協会の根岸秋男会長は、金融緩和策の副作用にも配慮した適切な対応に期待する考えを示しました。

日銀は、目標とする2%の物価上昇率の達成に向けて、より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための「点検」を行い、その結果を、来月の金融政策決定会合をめどに公表する方針です。

これについて、生命保険協会の根岸会長は、オンラインでの記者会見で「異常な低金利が長期間継続しており、金融仲介機能の低下や年金などの利回り低下といった副作用も年々大きくなっている」と述べました。

そのうえで「副作用に配慮した適切な政策調整が検討されることを期待している。引き続きマーケットの意見も聞いて、お互いコミュニケーションを図っていくことが重要ではないか」と述べ、金融緩和策の副作用にも配慮した適切な対応に期待する考えを示しました。

また、長期金利が2年3か月ぶりに0.1%に上昇したことについて「日銀の金融政策は変わっておらず、グローバルに見ても金融緩和は持続しているので、長期金利は、しばらくは、今の水準を維持していくのではないか」と述べました。