野党 総務省幹部の会食めぐる武田総務相答弁 修正と謝罪を

総務省の幹部と衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男との会食をめぐって、野党側は「放送行政がゆがめられたということはない」という武田総務大臣の国会答弁は問題だとして、修正して謝罪するよう与党側に求めました。

総務省の幹部と衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男との会食をめぐり、武田総務大臣は、今月16日の衆議院本会議で、野党側から一連の会食が放送行政に与えた影響を問われ「ゆがめられたということは全くない」と答弁しました。

衆議院議院運営委員会の理事会で野党側は「一連の会食の影響が本当になかったのか、調査中の段階で、『ない』と断言するのは問題だ」として、答弁を修正し謝罪するよう求めました。

これに対し、与党側は持ち帰って対応を検討する考えを示し、引き続き協議することになりました。

一方、19日の衆議院予算委員会では立憲民主党が、この答弁の撤回を求め、武田大臣は「事実調査が行われ疑いが確定的になった段階で、別の判断もせざるをえない立場にあるが、今の段階では行政がゆがめられることなく機能していることは大前提だ」と述べました。

共産 田村政策委員長「武田大臣の責任も問われている」

共産党の田村政策委員長は、記者会見で「極めて重大な疑惑なのに、武田総務大臣は、まともな調査もせずに『放送行政はゆがめられていない』と言い切る。真相究明をするつもりがなく、大臣の責任も問われている」と述べました。

また、会食した幹部2人の異動について「更迭したことをもって、国会招致に応じないということはあってはならず、接待を受けた全員がちゃんと質疑に答えるべきだ」と述べました。