大リーグ ブルージェイズ 今季 フロリダ 本拠地に コロナ対応

大リーグで唯一、カナダに本拠地を置くブルージェイズは、新型コロナウイルスの感染対策でカナダ政府が設けている入国制限のため、今シーズンはアメリカのフロリダ州の球場を当面、本拠地とすることになりました。

ブルージェイズは大リーグで唯一、カナダのトロントを本拠地にしていますが、カナダ政府が外国人の入国を制限していることから、昨シーズンは傘下のマイナーリーグがあるアメリカのニューヨーク州バファローを本拠地としました。

今シーズンはトロントでの試合開催を目指していましたが、引き続き入国制限が解除されていないため、球団は4月1日の開幕から当面は、キャンプ地として使用しているフロリダ州ダニーデンの球場を本拠地とすると18日、発表しました。

球団は本来の本拠地のトロントに戻ることができるか5月に再び検討するとしていますが、入国制限が続くかぎりは難しい状況です。

北米のプロスポーツでは同じくトロントに本拠地を置くNBA=アメリカプロバスケットボールのラプターズも入国制限のため、今シーズンはフロリダ州タンパを本拠地としていて、カナダのチームにとっては厳しい状況が続いています。