テニス全豪オープン 大坂 あすの決勝に向けサーブなど確認

テニスの四大大会の1つ、全豪オープンで女子シングルスの決勝に進んだ大坂なおみ選手は、2年ぶりの優勝をかけた20日の大一番に向けて練習を行い、試合の鍵を握るサーブなどを確認しました。

オーストラリアで開かれている全豪オープンの女子シングルスは、20日に決勝が行われ、世界ランキング3位の大坂なおみ選手と24位のアメリカのジェニファー・ブレイディ選手が対戦します。

2年ぶり2回目の優勝を目指す大坂選手は、日本時間の19日午前8時前からメルボルンの会場内のコートで練習し、ストロークではコーチなどと時折ことばを交わしながらフットワークを確認していました。

また、18日のセリーナ・ウィリアムズ選手との準決勝では、立ち上がり、ファーストサーブの確率が上がらず苦しみましたが、19日の練習では強いサーブを繰り返しコースに打ち分けていました。

およそ40分間の練習中、大坂選手は終始集中した表情で、大一番への緊張感も漂わせていました。

ブレイディ選手との対戦成績は大坂選手の2勝1敗で、前回対戦した去年の全米オープン準決勝では大坂選手がフルセットで競り勝っています。

フィセッテコーチ「全米オープンからさらにステップアップ」

決勝を前に、大坂なおみ選手を指導するウィム・フィセッテコーチが記者会見し「前回優勝した全米オープンからステップアップしている。決勝ではファーストサービスの確率を60%くらいまで上げたい」と話しました。

フィセッテコーチは、元世界ランキング1位で四大大会で4勝したベルギーのキム・クリスターズ元選手など、多くのトップ選手を指導し、大坂選手の指導は2シーズン目を迎えます。

19日全豪オープンの会場で記者会見し、今大会の大坂選手の活躍について「とてもうれしい。チームが取り組んできたすべてが合致し、プレー面はもちろん、メンタル面もかなり高いレベルでプレーできている。前回優勝した全米オープンからさらにステップアップをしているように感じる」と話しました。

また、大坂選手の強みについては「強力なサーブも、力強いストロークも打てる選手でありながら、頭脳派でもあるところがすばらしい」と評価しました。

そのうえで、これまで指導してきたトップ選手との共通点について問われると「大一番の試合がとても好きなところだが、大坂選手は特にそれが強い。きのうのセリーナ・ウィリアムズ選手との試合前は、まるでおもちゃ屋に行く子どものように興奮していた。負けることを恐れるのではなく、ポジティブなものに目を向ける考え方をしている」と述べました。

そして決勝に向けては「もう少しファーストサービスの確率が上げられたらと思う。60%位まで上がればすばらしいだろう」と話しました。

主催者 “東京五輪・パラでも検査や隔離の徹底必要”

全豪オープンの主催者がNHKの取材に応じ、今大会、新型コロナ対策として入国した選手に厳しい隔離を義務づけたのは必要な措置だったとし、東京オリンピック・パラリンピックでも検査や隔離の徹底が必要だという見方を示しました。

ことしの全豪オープンでは、入国した選手や関係者全員にホテルでの2週間の隔離を義務づけ、練習のため、制限された環境での外出を1日5時間まで認めましたが、ウイルス検査で陽性となった人が同じ飛行機に乗っていた選手たちは外出できず、競技環境が公平でないという声も上がっていました。

大会を主催するオーストラリアテニス協会のクレイグ・タイリーCEOは19日NHKの取材に応じ「隔離後に陽性になった選手は1人もいなかった。地域に感染が広がることもなく、大きな成功を収めた」と述べ、厳しい隔離のおかげで選手全員が出場できたと強調しました。

そのうえで「隔離と検査によって感染リスクを減らすことで、より安全な競技環境が実現できると、私たちは学んだ」と述べ、さらに規模が大きい東京大会ではすべての選手を2週間、完全に隔離することは難しくても、行動範囲や接触の対象を制限したうえで、頻繁に検査を行い、陽性者や症状がある人は隔離することが必要だと指摘しました。

また、東京大会の組織委員会の新会長に橋本聖子氏が就任したことについて「多様性と、女性のリーダーシップを支持する。最適な人物を選んだのではないか」と述べ、全豪オープンでは男女の賞金が同額となっていることを例に挙げ、スポーツ界で男女平等が進むことに期待を示しました。
NHKは全豪オープン女子シングルスの決勝を、20日午後5時25分から総合テレビでお伝えします。