広島 ドラフト1位ルーキー栗林良吏 実戦初登板 1回を無失点に

プロ野球・広島は17日、那覇市で巨人と練習試合を行い、ドラフト1位ルーキーの栗林良吏投手が実戦に初登板して1回を無失点に抑えました。

栗林投手は社会人野球からドラフト1位で入団し即戦力と期待されています。

17日は那覇市で行われた巨人との練習試合で実戦に初登板しました。

6回からマウンドに上がった栗林投手は、最初のバッターを得意のカーブで打ち取ったあとフォアボールでランナーを出しました。

それでも続くバッターからフォークボールで空振り三振を奪い、二塁を狙ったランナーもアウトになってダブルプレーが成立しました。

栗林投手は1回無失点のピッチングについて「緊張もあったが、1イニングを投げ切れてよかった。今後は1球1球の精度を上げていきたい」と話していました。

また、この試合、ドラフト2位の森浦大輔投手も7回から登板し、持ち味のコントロールのよさと切れのあるスライダーで1回を3人で抑えました。

森浦投手は「前のイニングを投げた栗林投手に続いて、自分もテンポよく投げようとしっかり腕を振って抑えることができた」と話していました。

試合は0対0の引き分けでした。