プロ野球 巨人 育成選手の八百板と支配下登録選手の契約

プロ野球 巨人は、育成選手の八百板卓丸選手と1軍の試合に出場できる支配下登録選手の契約を結びました。

八百板選手は福島県出身の24歳。

平成27年に聖光学院から育成ドラフト1位で楽天に入団し、平成29年に支配下登録選手になりましたが、2年後に自由契約になりました。

その後、巨人と育成選手として契約し、昨シーズンは2軍で70試合に出場して3割を超える打率をマークしました。

ことしのキャンプは2軍スタートでしたが、宮崎で行われた2試合の紅白戦で7打数4安打とアピールし、16日から沖縄で始まった1軍キャンプのメンバーに選ばれました。

そして、16日に球団は、八百板選手と1軍の試合に出場できる支配下登録選手の契約を結びました。

背番号はこれまでの「009」から「51」に変更となります。

八百板選手は「阿部2軍監督ら首脳陣、スタッフの指導のおかげで支配下登録選手になることができた。感謝の気持ちでいっぱいだ。早く1軍の戦力になれるよう全力でまい進していく」と球団を通じてコメントしています。