プロ野球 広島 ロッテ相手に 先発遠藤3回1失点

プロ野球・広島はキャンプ地の沖縄市でロッテと初めて対外試合を行い、先発した遠藤淳志投手が3回1失点の内容で先発ローテーション入りに向け収穫と課題を口にしました。

広島は14日の阪神との試合が雨で中止になり、16日のロッテとの試合が初めての対外試合となりました。先発は4年目の遠藤投手は去年、シーズンを通じて先発ローテーションを守り5勝をあげていて、ことしも開幕ローテーション入りを目指しています。

2回にロッテの4番で同い年の強打者、安田尚憲選手からキレのあるストレートで空振り三振を奪いましたが、次のバッターには甘く入ったストレートをスタンドに運ばれました。

その後はランナーを出したものの要所を抑えて追加点は与えず3回を投げてホームランを含むヒット2本、三振2つ、1失点の内容でした。

遠藤投手は「まっすぐで空振りが取れたのは良かったが、変化球でストライクが取れなかったのは反省すべき点だ。その中でどう抑えるか考えながら投げられたので、去年よりは成長していると思う」と収穫と課題を口にしました。

また、野手では亜細亜大からドラフト6位で入団したルーキーの矢野雅哉選手が8番ショートで先発出場し、第1打席でセンター前にヒットを打ったほか、守備でも軽快にダブルプレーをさばくなど攻守で活躍しました。

矢野選手は「思ったよりも動けたので良かったが、3打席すべてで最初のストライクになったボールを打ちにいけず、簡単に追い込まれてしまったことは反省したい」と話していました。