カーリング 日本選手権 女子 ロコ・ソラーレが決勝進出

来年の北京オリンピック出場につながるカーリングの日本選手権は13日、女子の予選上位4チームによるプレーオフが行われ、予選1位のロコ・ソラーレが2位の北海道銀行に勝って14日の決勝に進みました。

北海道稚内市で開かれているカーリングの日本選手権は、来年の北京オリンピック出場につながる大会で女子では、予選上位4チームによるプレーオフが行われ、予選を6戦全勝で1位通過したロコ・ソラーレが、予選2位の北海道銀行と対戦しました。

ロコ・ソラーレは、1点を追う第3エンドでスキップの藤澤五月選手が、円の中心付近にあった相手の2つのストーン押し出し、3点を奪って逆転に成功すると、同点に追いつかれた直後の第7エンドでも藤澤選手が正確なショットを見せて2点を勝ち越しました。

その後は、相手のミスも重なって得点を加えたロコ・ソラーレが9対4で勝ち、14日行われる決勝に進みました。

ロコ・ソラーレの藤澤選手は「第3エンドは勝負どころだと思っていた中でしっかり3点が取れてよかった。まだ決勝の相手は決まっていないが、どのチームが来てもいい試合になると思うので、しっかり準備をしていきたい」と話していました。