森会長が辞意表明へ 東京五輪・パラ 組織委緊急会合

女性蔑視と取れる発言の責任を取って辞任する意向を固めた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長が出席する組織委員会の緊急の会合が始まりました。会合では森会長が辞意を表明し、後任の会長の選考方法などが議論される見通しです。

大会組織委員会の森会長の「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」といった発言を巡っては、本人が発言を撤回して謝罪したあとも国内外から批判が続き、森会長は発言の責任を取って会長を辞任する意向を固め関係者に伝えました。

12日の組織委員会の理事と評議員による緊急の会合は、午後3時から始まり、この中で森会長が辞意を表明する見通しです。

会合には森会長に後任の会長への就任を打診され引き受ける意向を示した川淵三郎氏も出席しますが、川淵氏は、12日の会合の中で会長への就任を要請されても一転して断る考えを示しているということです。

IOCの関係者や一部の理事からは透明性の確保が重要だという指摘が出ていて、12日の会合では後任の会長の選定方法を巡って組織委員会の中にアスリートを入れた選考のための委員会を新たに設置する方向で調整が進められています。

会合は冒頭以外は非公開で行われ、終了後に記者会見が開かれる予定です。