大坂なおみ ストレート勝ちで4年連続で3回戦進出 全豪OP

テニスの大坂なおみ選手がオーストラリアで行われている全豪オープンの2回戦でフランスの選手にストレート勝ちし、4年連続で3回戦に進みました。

大坂選手は2年ぶり2回目の優勝を目指し、オーストラリアのメルボルンで行われている今シーズン最初のテニスの四大大会、全豪オープンに出場していて、10日、シングルスの2回戦に臨みました。

世界ランキング3位の大坂選手は、世界43位、フランスのキャロリン・ガルシア選手と対戦しました。

大坂選手は立ち上がりから好調で、第1セットの第1ゲームに連続でサービスエースを決めて主導権を握ると、ラリーでも相手の動きを見極めて厳しいコースをつきこのセットを6-2で取りました。

続く、第2セットも大坂選手は相手につけいる隙を与えず圧倒し、6-3で取ってセットカウント2対0のストレートで勝ちました。

およそ1時間で試合を決めた大坂選手は4年連続の3回戦進出です。

大坂選手は試合後のインタビューで、「相手がいつハードヒットしてくるか分からないので、集中して試合に臨んだ。次の相手は手ごわいが勝てるよう頑張りたい」と話していました。