「什の掟」になぞらえ「コロナの掟」 会津若松のタクシー会社

新型コロナウイルスへの感染防止を呼びかけようと、福島県会津若松市のタクシー会社が、「ならぬことはならぬものです」で知られる会津藩の「什の掟」(じゅうのおきて)になぞらえたオリジナルのポスターなどを作成しました。

「什の掟」は、江戸時代に会津藩士の子どもたちが守るべきルールとして定められ、「年長者の言うことに背いてはなりませぬ」、「嘘言を言うことはなりませぬ」、など7か条からなり、最後は「ならぬことはならぬものです」という一文で締めくくられています。
会津若松市の広田タクシーは、この「什の掟」になぞらえて、感染防止のため注意すべきことを列挙した「会津・コロナの掟」と題したポスターやチラシを作り、乗合バスやタクシーの車内に掲示しています。

5つ目の「弱い者をいじめてはなりませぬ」は、「陽性者を誹謗中傷したりいじめてはなりませぬ」に、6つ目の「戸外で物を食べてはなりませぬ」は「大人数で食事をしてはなりませぬ」となっていて、会津藩の精神を長く受け継いでほしいという願いを込めて、ポスターなどの背景には、近未来の都市に7人の侍がたたずんでいる姿が描かれています。

乗合バスの車掌を務める久保田節子さんは、「特に若い世代にポスターを見てもらって一人一人の自覚を高めてもらいたい。コロナに負けないようみんなで闘っていくきっかけにしたい」と話していました。