株価 一時600円以上値下がり2万8000円割れ NY市場の下落受け

28日の東京株式市場は取り引き開始直後から売り注文が広がり、日経平均株価は、一時、600円以上値下がりし、2万8000円を下回りました。

28日の東京株式市場は27日のニューヨーク市場でダウ平均株価が600ドルあまり値下がりした流れを受けて、このところの高値への警戒感が広がり、取り引き開始直後から売り注文が広がっています。

日経平均株価は、一時、600円以上値下がりし、2万8000円を下回りました。

取り引き時間中に2万8000円を下回るのは1月12日以来です。

市場関係者は、「個人投資家による投機的な取り引きによって世界的に株価が実体経済とかい離しているという見方から投資家の間でリスクを回避しようと手持ちの株式を売っていったん利益を確定させる動きが広がっている」と話しています。