米国務長官就任 茂木外相と電話会談 同盟強化 緊密連携で一致

茂木外務大臣は27日朝、新たに就任したアメリカのブリンケン国務長官と電話で会談し、日米同盟を一層強化し「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて緊密に連携していくことで一致しました。

アメリカのバイデン大統領が国務長官に指名していたブリンケン元国務副長官はアメリカ議会上院で賛成多数で承認され、日本時間の27日朝、国務省で行われた宣誓式に臨み国務長官に就任しました。

これを受けて茂木外務大臣はブリンケン国務長官と電話で会談し、日米同盟を一層強化し「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて緊密に連携していくことで一致しました。

また茂木大臣が東アジアの安全保障環境が厳しさを増す中、沖縄県の尖閣諸島がアメリカによる防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象であることを含めて、アメリカの明確な姿勢を評価していると述べたのに対し、ブリンケン国務長官は「その姿勢に変わりはない」と応じました。

さらに両外相は、在日アメリカ軍の駐留経費をめぐる日米交渉を早期に妥結させる方針を確認したほか、新型コロナウイルス対策や気候変動など多国間の課題での連携を強めていく必要性でも一致しました。

また、中国が進出を強める東シナ海や南シナ海、それに朝鮮半島の情勢をめぐっても意見を交わし、日本が最重要課題とする拉致問題の早期解決に向けたアメリカ側の支持も確認しました。

そして両外相は早期に対面で議論を行う必要性で一致し、茂木大臣のアメリカ訪問を調整していくことになりました。
茂木大臣は「日本はカナダに次いで2番目の外相会談ということで、それだけバイデン政権が日米同盟を重視しインド太平洋地域へのコミットメントを明らかにしているあかしだと思う」と述べました。