ソフトバンク 宮川潤一副社長 社長昇格 孫正義氏 会長退く

通信大手のソフトバンクは、宮川潤一副社長がことし4月に社長兼CEO=最高経営責任者に昇格する人事を決めました。合わせて、宮内謙社長が会長に就任し、創業者の孫正義氏は会長を退くことになりました。

ソフトバンクの社長兼CEOに就任することが決まった宮川氏は55歳。

20代でインターネット接続会社を創業したあと、ソフトバンクの前身となる会社に入って、技術担当として高速・大容量の通信規格5Gの基地局整備などを進めたほか、現在はトヨタ自動車と共同で出資した、次世代の移動サービスを手がける会社の社長も務めています。

また、会長に就任する宮内氏は、創業者の孫氏とともに長年にわたり通信事業のかじ取りを担ってきていて、今後は会長として、ことし3月に経営統合する予定の、ヤフーとLINEを含めたグループ全体を統括するということです。

一方、孫氏は今回の社長交代に伴って会長を退き「創業者取締役」になるということです。

会社としては、経営トップの世代交代を進めるとともに、宮川次期社長のもとで5GやAI、自動運転などの分野を中心に事業を拡大したいねらいがあると見られます。