英コンテナ39人死亡事件 渡航手引きなどした7人に最長禁錮27年

イギリスでおととし、トラックのコンテナに入って入国しようとしたベトナム人39人が遺体で見つかった事件で、裁判所は、金銭と引き換えに渡航を手引きしたなどとしてルーマニア人の男ら7人に最長で禁錮27年の実刑判決を言い渡しました。

この事件はおととし10月、トラックのコンテナに入ってイギリスに入国しようとしたベトナム人39人がロンドン近郊で遺体で見つかったもので、かつて日本でも働いていた女性が亡くなる直前に「息ができなくて死にそう」と母親にメッセージを送っていたことが伝えられるなど社会に大きな衝撃を与えました。

この事件で過失致死の罪などに問われた男ら7人の裁判が22日にロンドンで開かれ、金銭と引き換えにトラックや運転手を手配し、ベトナム人たちの渡航に主導的な役割を果たしたなどとして、ルーマニア人の43歳の男に禁錮27年、イギリス人の41歳の男に禁錮20年の実刑判決が言い渡されました。

ほかの5人に対しても、禁錮3年から18年が言い渡されました。

判決で裁判官は「犯行は洗練され、長期間にわたり、金もうけのためで、イギリスの入国管理の取り組みを大きく損なった」などと非難しました。

この事件をめぐってはベトナムでも去年、男女4人が違法な渡航を仲介したとして最長で禁錮7年6か月の実刑判決を言い渡されています。