大相撲 大栄翔 初優勝なるか 初場所きょう千秋楽

大相撲初場所は千秋楽、2敗で単独トップの大栄翔は隠岐の海との一番に勝てば初優勝が決まります。

初場所14日目は、前頭筆頭の大栄翔が平幕の玉鷲に勝って2敗を守った一方、大関・正代が関脇 照ノ富士に敗れて3敗に後退しました。

24日の千秋楽で単独トップの大栄翔が勝つか、結びの一番で正代が敗れれば、大栄翔の初めての優勝が決まります。

大栄翔の大一番の相手は、平幕の隠岐の海です。過去の対戦成績は大栄翔の8勝10敗。持ち味の腕を回転させて手数で攻める得意の突き押しを貫いて、不用意な引き技を使わずに攻めきることができるかが勝負のポイントになりそうです。

大栄翔は埼玉県出身力士としても初めての優勝がかかり、地元の期待を背負っての取組となります。

星の差1つで追う正代は、結びの一番で朝乃山と大関どうしの対戦です。過去の対戦は4勝4敗の五分です。正代は今場所際どい相撲を何度も制して白星を重ねてきましたが、大関らしい相撲で締めて意地を見せたいところです。