ロシア 野党指導者逮捕で抗議活動 参加者3000人超拘束か

ロシアでプーチン大統領への批判を繰り返してきた野党勢力の指導者ナワリヌイ氏が帰国直後に逮捕されたことを受けて各地で抗議活動が行われ、人権団体などによりますと、これまでに3000人を超える参加者が拘束されたということです。

ロシアの野党勢力の指導者ナワリヌイ氏は去年8月、化学兵器の神経剤で襲われたとみられ、今月療養先のドイツから帰国した直後に逮捕されました。

これを受けて野党勢力は、釈放を求める抗議活動を行うよう各地の支持者に呼びかけました。

ロイター通信によりますと、首都モスクワでは23日、4万人が集まりプーチン政権に抗議の声をあげましたが、治安当局は「無許可の集会だ」として解散を命じ、従わない参加者を次々と拘束しました。

集会に参加したナワリヌイ氏の妻のユリヤさんも一時拘束されました。

同様の抗議活動はロシア全土で行われ、独立系の人権団体によりますと、拘束された人の数は110以上の都市で合わせて3000人を超えるということです。

極東のウラジオストクで抗議活動に参加した女性は「ナワリヌイ氏を無理やり拘束したことに納得できません。生活水準が下がる一方なのに、政府は何もしていない」と非難しました。

ロシアでは23日も、1日で2万人を超える新型コロナウイルスへの新たな感染が確認され、低迷する経済に国民の不満が高まるなか抗議活動を力で抑え込もうとするプーチン政権の対応に反発が広がっています。

EU さらなる制裁強化を検討か

EU=ヨーロッパ連合で外交を担当するボレル上級代表は23日、ツイッターに「広範囲に行われた拘束や不適切な武力の行使を非難する」と投稿したうえで、25日に開くEU外相会議で対応策を協議する考えを示しました。

EUは、ナワリヌイ氏が去年8月、旧ソビエトで開発された化学兵器の神経剤で襲われたとして、ロシア大統領府の高官らに対して口座の凍結やEU域内への渡航禁止の措置をすでに行っていますが、今回の件を受けてさらに制裁を強化するか検討するものとみられます。

アメリカ「残忍な対応 強く非難」

アメリカ国務省の報道担当者は23日の声明で「抗議活動の参加者やジャーナリストに対するロシア政府の残忍な対応を強く非難する。拘束されているナワリヌイ氏を含むすべての人の解放を要求する。アメリカは人権を守るために同盟国などと協力していく」と述べました。