関東北部山沿いや甲信 断続的に雪 交通影響など注意を

東京の都心など関東南部の平野部では予想より気温が下がらず、積雪のおそれはなくなりました。一方、関東北部の山沿いや甲信では24日夜遅くにかけて断続的に雪が降る見込みで、交通への影響や路面の凍結などに十分注意が必要です。

気象庁によりますと、前線や低気圧の影響で関東の山沿いや甲信を中心に雪が降り、午前11時の積雪は
▽栃木県の那須高原で20センチ
▽山梨県富士河口湖町で7センチ
▽長野県松本市で3センチ、
▽埼玉県秩父市で2センチなどとなっています。

東京の都心など関東南部の平野部では予想より上空の気温が下がらなかったことなどからほとんどが雨で、今後も積雪のおそれはなくなったということです。

また、甲信や関東北部の山沿いでは大雪の峠は越えたものの、24日夜遅くにかけて断続的に雪が降る見込みです。

25日昼までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで
▽長野県と山梨県で15センチ
▽関東北部の山沿いで10センチ
▽関東北部の平野部で5センチ
▽神奈川県の箱根から東京の多摩地方・埼玉県の秩父地方で5センチと予想されています。

気象庁は、甲信や関東の山沿いを中心に大雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意し、湿った雪による農業用ハウスなどの倒壊、電線や樹木などへの着雪にも注意するよう呼びかけています。

また、低気圧に近い伊豆諸島では風が強くなっているため、強風や高波にも十分注意が必要です。