千葉 横芝光町 アヒルから鳥インフル検出 防疫措置が完了

飼育していたアヒルから鳥インフルエンザウイルスが検出された千葉県横芝光町の農場について、千葉県は、アヒルの処分や農場の消毒などのすべての防疫措置が23日に完了したと発表しました。

千葉県横芝光町の農場では今月21日、飼育していたアヒルから致死率が高い高病原性の「H5N8型」の鳥インフルエンザウイルスが検出され、千葉県は8000羽余りのアヒルを殺処分したうえで、密閉した容器に入れる作業や農場の消毒などを進めていました。

一連の防疫措置について、千葉県は23日夕方、すべて完了したと発表しました。

ウイルスが確認されるまでの直近1週間にこの農場からアヒルのひなが出荷されていた北海道、宮城、茨城、埼玉、大阪、奈良の6道府県の農場では、すでに21日に防疫措置が終わっています。

この農場から半径3キロ以内にある養鶏場とアヒル農場合わせて5か所については、検査の結果、陰性だったことがわかったということです。

今後周辺の養鶏場で感染のおそれがないことなどが確認されれば、来月14日にすべての移動制限などが解除され、収束する見込みだということです。

千葉県内ではいすみ市でも先月末以降、市内の2つの養鶏場で相次いで鳥インフルエンザが確認され、合わせて220万羽余りのニワトリを埋めるなどの防疫措置が現在も進められています。