関東甲信 「大雪に対する緊急発表」車の立往生に警戒呼びかけ

関東甲信では、これから24日にかけて大雪となるおそれがあります。国土交通省と気象庁は、車の立往生に警戒が必要だとして、大雪が予想される地域では不要不急の外出を控え、車を運転する場合は冬用タイヤやチェーンを装着するよう強く呼びかける「緊急発表」を行いました。

23日午後2時に出された「大雪に対する緊急発表」によりますと、これから24日にかけては、長野県や山梨県のほか、関東の平野部でも大雪となるおそれがあるということです。

このため、車の立往生や路面の凍結に警戒が必要だとしていて、大雪が予想される地域では、不要不急の外出を控え、やむをえず車を運転する場合は冬用タイヤやチェーンを装着するよう呼びかけています。

立往生が発生しやすい一部の高速道路や国道では、気象状況に応じて「チェーン規制」を行い、タイヤのチェーンの装着を義務づける可能性があるということです。

また、積雪の状況によっては鉄道やバスなど公共交通機関にも影響が出るおそれがあるとして、最新の情報に注意するとともに時間に余裕を持った行動を心がけるよう呼びかけています。

大雪をめぐっては、先月から今月にかけ、北陸や新潟県など各地の国道や高速道路でも立往生が相次いでいて、交通への警戒が必要です。