ツイッター アメリカにある中国大使館のアカウントを一時停止

ツイッターは、アメリカにある中国大使館の新疆ウイグル自治区をめぐる投稿が人間性を否定する投稿を禁じた会社の規定に違反するとして、大使館のアカウントを一時停止したことを明らかにしました。

アメリカのメディアによりますと、中国大使館は今月、新疆ウイグル自治区の女性たちが解放され「もはや子どもを産む機械ではなくなった」とする内容の記事を紹介し、その後、ツイッターはこの投稿を閲覧できないようにする措置を取りました。

ツイッターの広報担当者によりますと、宗教や民族などに基づいて人間性を否定する投稿を禁じた会社の規定に違反したと判断し大使館のアカウントを一時停止したということで、大使館側が投稿を削除すれば措置を解除する方針です。

新疆ウイグル自治区をめぐってアメリカのトランプ前政権は、中国政府が少数民族の女性に対する強制的な不妊手術を行っているなどと非難し、いわゆる「ジェノサイド」と認定しています。

アカウントの一時停止について、中国外務省の華春瑩報道官は21日の記者会見で「中国大使館には当然、事実をはっきりさせ真相を説明する責任と義務がある。ツイッターの措置は理解できない」と批判しました。

ツイッターはトランプ前大統領の支持者らが連邦議会に乱入した事件を受けて今月8日にさらなる暴力をあおる危険があるとして、前大統領のアカウントを永久に停止しています。