ジェットスター 国内6路線の廃止届け出 コロナで需要落ち込み

LCC=格安航空会社のジェットスター・ジャパンは、新型コロナウイルスの影響で当面、運航の見通しが立たないとして国内の6つの路線の廃止を国土交通省に届け出ました。

ジェットスター・ジャパンが廃止を届け出たのは、現在も運休している
▽成田空港と山形県の庄内を結ぶ路線、
▽中部空港と新千歳、鹿児島を結ぶ路線、
▽関西空港と高知、福岡、熊本を結ぶ路線の合わせて6路線です。

新型コロナウイルスの感染拡大の長期化に伴う航空需要の落ち込みで、当面、運航の見通しが立たないためで、ことし3月28日以降、路線を廃止するということです。

会社ではこのうち、中部空港と新千歳、鹿児島を結ぶ路線、関西空港と福岡、熊本を結ぶ路線の合わせて4路線については、今後、需要回復の見通しが立てば路線の再開を検討したいとしています。

一方、成田空港と関西や福岡などを結ぶ17の路線については運航を続けることにしていて、ジェットスター・ジャパンは最新の運航情報をホームページなどで確認するよう呼びかけています。