かも猟の3人 山林のテント内で死亡 千葉 いすみ

千葉県いすみ市でかもの猟のために山林に入った50代から70代くらいの男性3人が、18日午前、テントの中で死亡しているのが見つかりました。3人は17日夜から猟のために山の中で過ごしていたとみられ、テントの中には石油ストーブがあったということで、警察が詳しい状況を調べています。

18日午前8時半ごろ、いすみ市釈迦谷で「男性3人が山の中で意識がない状態で倒れている」と通報があり、警察や消防が調べたところテントの中の床の上で50代から70代くらいの男性3人が死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、3人は17日からほかの仲間2人と、かもの猟のために山の中に入っていて、17日夜9時ごろに仲間2人が帰ったあとは、テントの中で過ごしていたとみられるということです。

テントは木と鉄パイプで骨組みがつくられ周囲はシートで覆われ密閉されていて、中には石油ストーブがあったということで警察が詳しい状況を調べています。

現場はJR外房線の浪花駅から1.5キロほどの山林で、近くには住宅やゴルフ場があります。