トランプ氏 大統領就任式出席せずフロリダ州へ 米メディア

アメリカのバイデン次期大統領の就任式に出席しないことを明らかにしているトランプ大統領は、就任式の当日、ホワイトハウスを出発し、アメリカ軍による離任の式典に臨んだあと、フロリダ州に向かうとアメリカのメディアは伝えています。

アメリカのトランプ大統領は、今月20日に首都ワシントンの連邦議会の前で行われるバイデン次期大統領の就任式には出席しないことを明らかにしています。

これについて、アメリカのメディアはトランプ大統領が20日、任期を終える正午を前に、午前中、ホワイトハウスを出発してワシントン郊外の軍の基地に向かい離任の式典に臨むと伝えています。

その後、大統領専用機「エアフォース・ワン」に搭乗し、登録上の居住地として定めているフロリダ州にあるこれまで別荘として使ってきた「マー・アー・ラゴ」に向かうということです。

就任式に新旧大統領が顔をそろえることは平和的な権力の移行の象徴とも受け止められており、退任する大統領が出席しないのは1869年にジョンソン大統領が欠席して以来152年ぶりになります。