「桁が違う状態だ」小池都知事 “不要不急の外出自粛 徹底を”

東京など1都3県に緊急事態宣言が出されてから1週間がたち、小池知事は記者会見で、今は去年の緊急事態宣言時の陽性者数とは「桁が違う状態だ」と指摘したうえで、不要不急の外出は徹底して自粛するよう強く呼びかけました。

このなかで小池知事は、緊急事態宣言が出されてから1週間がたったことについて、「コロナ対策で1番何がもどかしいかと言うと、皆さんの頑張り具合の結果が時間をおいてあらわれるということだ。去年の暮れに『帰省しないでください』、『忘年会なし』と申し上げたが、さまざまな原因で今の状況になっている」と述べました。

そして「前回の緊急事態宣言時の陽性者数とは『桁が違う』状態だということを理解していただきたい」と指摘しました。

そのうえで「無症状で感染したことを知らずにあちこち歩くと、感染拡大に拍車をかける。若い人でも重症化することがあり、後遺症に悩まされる方もいる。自分が感染しているかもしれないという意識で行動を決めて欲しい。『自分だけは大丈夫』ではない」と述べ、不要不急の外出は徹底して自粛し自宅で過ごすよう強く呼びかけました。

さらに小池知事は「感染拡大を食い止めるためには徹底的に人の流れを抑える必要がある。深刻な状況にあることを1人1人が強く認識して、命を守るために行動を変えていこう」と述べました。

また小池知事は、去年の緊急事態宣言の時に行ったさまざまな施設への休業要請について「休業要請には、街全体が沈むなどのマイナス点もある。休業要請はいろいろな手段の選択肢の1つとして『あり』だと考えているが、そうならないために、今、協力をお願いするということだ」と強調しました。