米 連邦議会占拠 検挙続く 五輪金メダリストや警察官など訴追

アメリカの連邦議会にトランプ大統領の支持者らが乱入した事件をめぐっては、司法当局による捜査が続いていて、13日にはオリンピックの水泳の金メダリストの男も訴追されるなど、発生から1週間がたった今も検挙が相次いでいます。

アメリカの連邦議会に暴徒化したトランプ大統領の支持者らが乱入した事件をめぐっては、これまでに70人以上が訴追されています。

事件の発生から1週間がたった13日には、2004年と2008年の2度のオリンピックで金メダルを獲得した水泳のクリート・ケラー元選手が、不法侵入の疑いで訴追されたことが明らかになりました。

裁判所に提出された資料によりますと、水泳の専門メディアが、ケラー元選手が連邦議会の中でアメリカ代表チームのジャケットを着て映像に映っていると指摘したことで、訴追につながったということです。

また、非番だった2人の警察官も、不法侵入の疑いで訴追されたほか、これまでに南部ウエストバージニア州の州議会議員の男や東部ニューヨーク州にある裁判所の裁判官の息子なども検挙されています。

こうした司法当局の捜査は、現場で撮影された写真や動画などをもとに進められていて、首都ワシントンでは、バス停に設置された液晶スクリーンに乱入した人物の写真が掲載され、検挙につながる情報には5万ドル、日本円にして、およそ520万円の懸賞金を出すとしています。

ローゼン司法長官代行は13日、声明を発表し、引き続き情報提供を呼びかけるとともに、今後も捜査は続くとしていて、逮捕者などはさらに増えるとみられています。