工事現場で土砂に巻き込まれ2人死亡 栃木 那須塩原

14日午後、栃木県那須塩原市の高速道路に架かる橋の工事現場で、掘った穴の中で作業をしていた2人が崩れた土砂に巻き込まれて死亡しました。

14日午後3時すぎ、那須塩原市中内の東北自動車道に架かる橋の工事現場で、掘った穴の中で作業をしていた2人が崩れてきた土砂に巻き込まれました。

警察によりますと、土砂に巻き込まれたのは、いずれも那須塩原市の会社員、村越丈洋さん(25)と、浅利涼介さん(20)で、2人は救助されましたが搬送先の病院で死亡が確認されました。

現場では、高速道路に架かる橋のたもとに深さ数メートルの穴を掘り、2人が穴の中に入って耐震補強をするための工事を行っていました。

警察によりますと、穴の側面の壁の部分が土を止めるために設置されていた鉄板とともに崩れたということです。

警察が現場の状況などを詳しく調べています。

東日本高速道路 事務所「橋のたもとで作業中に巻き込まれた」

現場の工事を担当している東日本高速道路那須管理事務所は「橋のたもとで作業していた男性2人が崩れてきた土に巻き込まれたと聞いている。現在、詳しい状況を確認している」としています。