韓国 パク前大統領 懲役20年などの判決が確定 収賄などの罪

韓国では、最大の財閥サムスングループなどから巨額の賄賂を受け取ったとして収賄などの罪に問われていたパク・クネ(朴槿恵)前大統領について、最高裁判所は14日、検察側の上告を退け、懲役20年などの判決が確定することになりました。

韓国で2017年に大統領を罷免されたパク・クネ被告は、最大の財閥サムスングループや情報機関から巨額の賄賂を受け取ったとして、収賄などの罪に問われています。

韓国の最高裁判所は、おととし、懲役30年などとした2審判決を破棄して差し戻し、これを受けてソウル高等裁判所が去年7月、パク前大統領に対し、懲役20年と、罰金180億ウォン、日本円にしておよそ17億円などを言い渡していました。

これに対し検察側は、判決を不服として上告していました。

最高裁は14日の判決で、「高裁の判断を認め、判決を確定する」として、検察側の上告を退け、懲役20年などの判決が確定することになりました。

パク前大統領は、今回の裁判とは別に、公職選挙法違反の罪で、すでに実刑判決が確定していて、歴代の大統領経験者の中で最も長い、およそ3年9か月にわたって収監されています。

このため、与党などからは、来年の大統領選挙の前哨戦と位置づけられる、4月のソウル市長選挙などを控えて、パク前大統領に恩赦を与えるべきだとする声も出ていて、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の対応に注目が集まりそうです。

“恩赦” 明確な立場示さず

パク・クネ前大統領の判決が確定したことを受けて、韓国大統領府の報道官は「前大統領が服役することになった不幸な事件を歴史の教訓とし、二度とこのようなことが起きてはならない」とする声明を発表しました。

一方、韓国国内ではパク前大統領に恩赦を与えるべきだとの声も出ていて、これについて大統領府の関係者は「最高裁判所の判決が出た直後に言及するのは適切ではない」と述べるにとどめ、明確な立場は示しませんでした。