中国河北省 新型コロナ感染広がる 去年5月以来の死者も

中国では、ことしに入って首都 北京に隣接する河北省で新型コロナウイルスの感染が広がっていて、保健当局は、1人が死亡したと発表しました。中国国内で新型コロナウイルスの死者の確認が発表されたのは去年5月以来です。

中国の保健当局、国家衛生健康委員会は、新型コロナウイルスの症状のある感染者が、中国国内で13日、新たに138人確認され、河北省で1人が死亡したと発表しました。

中国で新型コロナウイルスの死者の確認が発表されたのは、去年5月16日以来です。

このほか、無症状の感染者も、13日、1日に国内で78人確認されたとしています。

中国ではことしに入って、首都 北京に隣接する河北省の中心都市・石家荘を中心に感染が広がり、石家荘では無症状の人も含めておよそ600人の感染が確認されています。

地元当局は、およそ1000万人の全市民を対象に、PCR検査を2回行うとともに、市民に自宅にとどまり、外出しないよう指示しています。

このほか、東北部・黒竜江省でも13日、新たに43人の感染が確認されています。

中国政府は、大勢の人が移動する来月の旧正月「春節」を前に、各地で感染が広がることに危機感を強めていて、国民に対して、不要不急の旅行をやめるよう繰り返し呼びかけるなど、抑え込みを図っています。