円相場 いくぶん値下がり

14日の東京外国為替市場、円相場はドルに対して、いくぶん値下がりしています。

市場関係者は、「このところ円相場の変動要因となっているアメリカの長期金利が再び上昇したことで、日米の金利差拡大が意識されて円を売って金利の高いドルを買う動きが出ている」と話しています。