尖閣沖 中国海警局の船1隻が領海侵入 日本漁船に接近の動きも

14日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船1隻が日本の領海に侵入しました。船は日本の漁船に接近する動きも見せているということで、海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻のうち1隻が14日午前7時すぎ、尖閣諸島の大正島の沖合で日本の領海に侵入し、日本の漁船に接近する動きも見せているということです。

船は午前9時現在、大正島の北北東およそ5キロの日本の領海内を航行しているということです。

海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けています。

この船は13日も尖閣諸島の沖合で、およそ1時間半にわたって領海に侵入していて、中国海警局の船が領海に侵入したのは、ことしに入って2回目です。

官房長官 「断じて容認できないという姿勢で対応」

加藤官房長官は沖縄県の尖閣諸島の沖合で、13日から2日連続で中国海警局の船が領海に侵入したことについて、外交ルートを通じて中国側に厳重に抗議したことを明らかにしたうえで、「断じて容認できないという姿勢で引き続き対応する」と述べました。

加藤官房長官は午前の記者会見で、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が13日から2日連続で領海に侵入したことについて「きのう、きょうも、東京と北京の双方の外交ルートで、速やかにわが国領海から退去するよう強く求めるなど、中国側に厳重な抗議を行っている」と述べました。

そのうえで「去年の中国公船の接続水域での年間確認日数は333日と過去最多を更新した。ことしに入っても中国公船の領海侵入や接続水域の航行が続いていることは誠に遺憾であり、政府として断じて容認できないという姿勢で引き続き対応する」と述べました。