英語のつづり誤表記の缶ビール そのまま発売へ 消費者の声受け

ビール会社と大手コンビニが共同開発した缶ビールに表記されている英語のつづりが誤っていたとして両社はいったんこの缶ビールの発売中止を決めましたが、消費者からビールを処分するのはもったいないなどの声が寄せられたことから一転して誤った表記のまま発売することになりました。

この缶ビールはサッポロビールとファミリーマートが共同開発したもので、12日発売する予定でしたが、缶の表面に書かれたラガーの英語の表記が、本来なら「LAGER」とすべきところ誤って「LAGAR」となっていました。

出荷直前にミスがわかり、両社は1月8日、発売を中止すると発表していました。
ところが、ビールの品質には問題がないこともあって、会社側に消費者から、商品の処分などの廃棄ロスを心配する声や発売中止の撤回を求める意見が寄せられたということです。

このため両社は、一転して発売中止を撤回し、2月2日に発売すると発表しました。

この缶ビールは数量限定の商品ですべての生産を終えているため新しく作り直すことはせず、缶は誤った表記のまま出荷し、店頭に、表記の誤りを周知する掲示を用意するということです。

両社は「多くのお客様にご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます」としたうえで「温かいご意見をいただき感謝します」とコメントしています。