春のセンバツ高校野球 観客入れた開催を目指す 日本高野連

日本高野連=日本高校野球連盟などは、ことし3月に予定しているセンバツ高校野球の運営委員会を開き、観客を入れた開催を目指して大会の準備を進めていく方針を確認しました。そのうえで新型コロナウイルスの今後の感染状況を見極めながら慎重に対応していく考えを示しました。

日本高野連などは13日午後、オンラインでことし3月19日に開幕を予定しているセンバツ高校野球の運営委員会を開きました。

この中では、新型コロナウイルスの感染対策をとったうえで、観客を入れた開催を目指して大会の準備を進めていく方針を確認しました。

具体的には、
▽席を取る列ができるのを防ぐために、すべて前売りの指定席にするほか、
▽アルプス席は、学校関係者のみを販売の対象にするとしています。

一方で、感染対策に経費がかかることなどから入場料金の値上げを決めました。

このほか、出場32校のうち明治神宮大会の優勝校の地区に割り当てられる「神宮大会枠」は、去年秋の大会が中止になったため、困難な環境の克服などが選考の基準となる「21世紀枠」を1校増やして4校にすることを決めました。

そのうえで、日本高野連などは、甲子園球場のある兵庫県などにも緊急事態宣言が出されることを踏まえ、今後の感染状況を見極めながら慎重に対応していく考えを示しました。

高校野球は去年、新型コロナウイルスの影響で史上初めてセンバツ大会と夏の大会が相次いで中止となりました。

日本高野連の小倉好正事務局長は「新型コロナウイルスの感染状況は厳しくなっているが、ことしこそは甲子園での全国大会を開催したいという思いがある。この1年の感染対策の経験もあるので、皆さんの力も借りながら、大会ができるように準備していきたい」と話していました。

開会式の入場行進曲「パプリカ」

ことしのセンバツ高校野球の開会式の入場行進曲が発表され、新型コロナウイルスの感染拡大で大会が中止となった去年と同じ、Foorinの「パプリカ」に決まりました。

甲子園球場で開かれるセンバツ高校野球の開会式の入場行進曲は、毎年、世相を反映した曲やヒット曲から選ばれています。

ことしは新型コロナウイルスの感染拡大で史上初めて大会が中止となった去年と同じ、Foorinの「パプリカ」に決まりました。

この曲は「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」として、シンガーソングライターの米津玄師さんが作詞・作曲したもので、小・中学生の音楽ユニットFoorinの5人のメンバーが軽快なダンスとともに歌う姿が幅広い世代から人気を集めています。

選曲の理由について大会の主催者は「去年と同じ曲を採用することで高校野球ファンに『復活』というメッセージを伝えたい」と話しています。

ただ、大会の開会式では、新型コロナウイルスの感染対策のため、例年のような全校が入場行進する形は取らず、詳細は3月上旬の運営委員会で決める方針です。

ことしのセンバツ高校野球は今月29日に出場する32校が決まり、3月19日に開幕します。

出場校決定は今月29日

ことし3月のセンバツ高校野球に向けては今月29日に出場32校を決める選考委員会がオンラインで行われます。

さらに組み合わせ抽せんは3月12日に予定されていましたが、出場校がスケジュールを立てやすくするため、来月23日に前倒しし、オンラインか代理抽せんで実施されることになりました。

大会は、3月19日から休養日を含む13日間の日程で開かれることになっています。