トランプ大統領 支持者の議会乱入事件 自身の責任なしと強調

アメリカのトランプ大統領は、連邦議会にみずからの支持者らが乱入した事件について、責任はないという考えを示すとともに、さらなる騒乱が起きた場合は大統領を弾劾する手続きを進める民主党に責任があると強調しました。

アメリカでは、暴徒化したトランプ大統領の支持者らが連邦議会に乱入した事件を受けて、大統領を弾劾訴追する決議案が議会に提出されるなど、責任を追及する動きが加速しています。

こうした中、記者団の前に6日ぶりに姿を現したトランプ大統領は、事件をめぐる責任について問われ「私の発言をメディアなどで読んだ人たちは全く適切だったと考えている」と答え、みずからに責任はないという考えを示しました。

また、弾劾訴追の動きについて「史上最大の魔女狩りの続きだ。ばかげていて、途方もない怒りを生んでいる」と批判したうえで「民主党がこの道を進めば、アメリカに大きな危険と怒りをもたらすことになる。私は暴力を望まない」と述べ、さらなる騒乱が起きた場合、責任は民主党にあると強調しました。

議会下院では、憲法の規定に基づいてトランプ大統領を事実上、解任するよう副大統領に求める決議案が12日にも可決され、ペンス副大統領はこれに応じない見通しですが、大統領の罷免を求める弾劾訴追の決議案が13日にも民主党などの賛成多数で可決される見通しです。

こうした中、FBI=連邦捜査局は、全米で武装した集団によるさらなる抗議デモが計画されているとして警戒を呼びかけていて、バイデン次期政権が発足する今月20日にかけて緊張が高まっています。