カプコン 1万6000人の個人情報 流出確認 最大39万人の可能性も

ゲームソフト大手「カプコン」は、2020年11月に受けたサイバー攻撃で、取引先などおよそ1万6400人分の個人情報の流出が確認されたと発表しました。
会社では、最大でおよそ39万人分の情報が流出した可能性があるとして調査を続けています。

カプコンは、2020年11月、「ラグナロッカー」と名乗るグループからサイバー攻撃を受け、金銭を要求されたため警察に通報し、被害の状況を調べていました。

その結果、1万6415人分の個人情報が流出していたことがわかりました。

流出したのは取引先の名前や住所、電話番号などのほか、会社の社員や退職者の人事情報だということです。

また、流出した可能性がある個人情報は、これまでよりもおよそ4万人増え、最大でおよそ39万人分にのぼることになり、会社で調査を続けています。

一方、ゲームソフトなどのネット販売の決済は外部に委託しているため、クレジットカードの情報などは流出していないということです。

インターネットに接続してゲームをすることで被害を受けることはないとしています。

カプコンは「今回の事態を重く受け止めて、デジタルコンテンツを扱う企業として管理体制の強化に努め、不正アクセスなどの犯罪行為には厳正に対処します」とコメントしています。

会社では専用の電話窓口を設けて問い合わせに対応しています。

(フリーダイヤル、ゲームユーザー窓口0120-400161、総合窓口0120-896680、受付時間:午前10時から午後8時)