保管の化石 鳥のルーツに近い新種の恐竜か 北海道 むかわ町

北海道のむかわ町で見つかり、地元の博物館で保管されていた化石が、鳥類のルーツに近い新種の恐竜の可能性があることが分かり、鑑定した研究グループでは、さらに詳しく分析を進めることにしています。

化石はおよそ30年前に、むかわ町穂別地区で見つかり、地元の博物館で保管されていたもので、20センチ四方ほどのレプリカが6日に公開されました。

この化石を北海道大学総合博物館の小林快次教授が鑑定した結果、1億年前から6600万年前の白亜紀後期に生息していた小型の恐竜の骨盤とろっ骨、それに大腿骨と見られることが分かりました。

同じむかわ町で全身の化石が見つかった草食恐竜のカムイサウルスより時代が古く、現在の鳥のルーツとされる獣脚類というグループに属するとみられています。

小林教授は、化石は新種の恐竜の可能性があり、恐竜が鳥に進化する過程の解明につながるとみて、さらに詳しい分析を進めることにしています。

道内で恐竜の化石が見つかったのは6例目です。

小林教授は「見た目は小さいが、この中に入っている標本は、鳥への進化の過程に関わるおもしろい情報が含まれている。カムイサウルスに匹敵するか、それ以上の発見だと思うので楽しみだ」と話しています。