あこがれの温泉地 秋田の乳頭温泉郷が2年連続1位に 民間調査

民間の調査機関のアンケート調査で、秋田県仙北市の乳頭温泉郷があこがれの温泉地として2年連続で全国1位に選ばれました。

この調査は、観光に関する民間の調査機関「じゃらんリサーチセンター」が去年8月30日から9月7日まで、旅行サイトに登録している会員を対象にインターネットを使ってアンケート形式で行い、1万3300人余りから回答を得ました。

それによりますと、全国327か所の温泉地のうち、あこがれの温泉地を複数回答で尋ねたところ、仙北市の乳頭温泉郷が2516票と、2年連続で全国1位に選ばれました。

2位は群馬県の草津温泉、3位は大分県の由布院温泉でした。

乳頭温泉郷を選んだ理由については複数回答で、
▽「効能や泉質に興味がある」が最も多い66.6%、
▽「自然に囲まれているから」が42.9%、
▽「有名なので」が42.3%となっています。

乳頭温泉郷は、「満足した」や「もう一度行ってみたい」といった設問でもそれぞれ5位と12位になっていて、全国でも有数の温泉地として高い評価を得ています。