NYダウ平均株価 小幅な値動き ビットコインは初の2万ドル超

16日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、小幅な値動きでした。

16日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前の日に比べて44ドル77セント安い、3万154ドル54セントでした。

この日発表された先月の小売売上高が市場の予想を大きく下回る内容だったため、ダウ平均株価は値下がりして始まり、FRBのパウエル議長が今の量的緩和策を長期に続ける方針を明確にしたことで、いくぶん値を戻しました。

一方、IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数は値上がりし、2日続けて最高値を更新しています。

市場関係者は「FRBの決定は市場の予想の範囲内とも言えるが、安心感にはつながった。また、追加の経済対策の与野党協議の進展にも期待が集まっている」と話しています。

一方、外国為替市場では円を買う動きが強まり、円相場は、一時、1ドル=103円20銭台と、先月9日以来の円高水準となりました。

ビットコイン値上がり 初の2万ドル超

仮想通貨とも呼ばれてきた代表的な暗号資産のひとつ、ビットコインが値上がりし、16日、初めて2万ドルを超えました。

大規模な金融緩和を背景にした豊富な資金が投資先を探して市場に流れ込んだ形です。

代表的な暗号資産のひとつビットコインは、16日、1ビットコインあたりの価格が初めて2万ドルを超えました。

ビットコインは、3年前、投機的な取り引きが過熱したことがあり、その後、価格が急落していました。

最近は、ことし10月にアメリカの決済システム大手、「PayPal」が取り扱いを始めたことなどをきっかけに市場に再び資金が流れ込んでいてこの1年ではほぼ3倍に値上がりしています。