「サハロフ賞」受賞 ベラルーシのチハノフスカヤ氏が支援訴え

EU=ヨーロッパ連合の議会が人権擁護に貢献した人に贈る「サハロフ賞」の授賞式が行われ受賞したベラルーシの反政権派のチハノフスカヤ氏はさらなる支援を求めました。

サハロフ賞はノーベル賞を受賞した旧ソビエトの物理学者、アンドレイ・サハロフ氏にちなんでヨーロッパ議会が人権擁護に貢献した個人や団体に毎年、贈っているものです。

ことしの受賞者には、ベラルーシで8月に行われた大統領選挙で当選したとするルカシェンコ大統領に対して不正が行われたとして抗議活動を続けている反政権派が選ばれていました。

その授賞式が16日、ベルギーのブリュッセルにあるヨーロッパ議会で行われ、出席した反政権派の人たちにサッソーリ議長から賞が手渡されました。

その後、反政権派を代表してチハノフスカヤ氏が演説し、抗議するすべての人たちに贈られた賞だとしたうえで、「ヨーロッパにはより勇気ある行動をとり、ベラルーシの国民を支援するよう求めたい」と訴えました。

反政権派は今月20日に大規模なデモを予定するなど、今後もルカシェンコ大統領の退陣に向けて抗議活動を続けるとしています。