井戸川絹子さん死去 東京五輪 金メダル「東洋の魔女」のエース

1964年の東京オリンピックのバレーボール女子で金メダルを獲得し、「東洋の魔女」と呼ばれた日本代表のエースだった井戸川絹子さん、旧姓、谷田絹子さんが4日、大阪府豊中市内の病院で脳出血のため、亡くなりました。81歳でした。

井戸川さんは大阪府池田市出身で大阪の四天王寺高校を経て実業団の強豪、「日紡貝塚」に入社し、「鬼の大松」と呼ばれた大松博文監督の厳しい指導のもと力をつけました。

そして、1964年の東京オリンピックでは「東洋の魔女」と呼ばれたバレーボール女子日本代表のエースアタッカーとして活躍し、金メダル獲得に大きく貢献しました。

現役引退後は地元の大阪を拠点にバレーボールの指導に精力的に取り組み、来年に延期となった東京オリンピックでは大阪の聖火ランナーにも選ばれていました。

親族によりますと、井戸川さんは4日午前11時すぎ、豊中市内の病院で、脳出血のため亡くなったということです。

81歳でした。