競泳日本選手権最終日 激戦必至か 男子200m平泳ぎに注目

競泳の日本選手権、大会最終日の6日は、今大会もっとも激しい競り合いが予想される男子200メートル平泳ぎが行われます。

競泳の日本選手権は来年の東京オリンピックの会場となる東京 江東区の東京アクアティクスセンターで今月3日から行われていて、会最終日の6日は男女合わせて10種目の決勝が行われます。

このうち日本のお家芸とも言われる男子200メートル平泳ぎは、この種目の日本記録保持者の渡辺一平選手と、100メートル平泳ぎで日本記録を持つ小関也朱篤選手、それにこの1年で一気にタイムを伸ばしてきた大学2年の佐藤翔馬選手など実力者が顔をそろえ、激しい競り合いが予想されます。

大会初日に行われた男子100メートル平泳ぎでは、佐藤選手が自己ベストに迫るタイムをマークして大会初優勝を果たしました。来年4月に予定されている東京オリンピックの代表選考会を前にどのようなレース展開になるか注目です。

NHKは総合テレビで午後4時から大会のもようを中継します。