慰安婦問題象徴の少女像 ベルリンの区議会が継続設置を支持

ドイツの首都ベルリンに韓国系の市民団体が設置した慰安婦問題を象徴する少女像をめぐり、地元の区議会は1日、設置の継続を支持する決議を賛成多数で可決しました。これに対しベルリンの日本大使館は「日本政府の立場と相いれないもので、極めて残念だ。関係者に説明を続けて、像の撤去を求めていきたい」としています。

首都ベルリンのミッテ区ではことし9月、韓国系の市民団体が慰安婦問題を象徴する少女像を1年間の期限で公有地に設置しました。

その後、区が「国家間の歴史的な問題で、一方の側に立つことは避けなければならない」として設置の許可を取り消したのに対し、市民団体側は異議申し立てなどを行い、区は当面、少女像の設置を認めるとしていました。

こうした中、地元の区議会は1日、少女像の継続的な設置に向けて解決策を求める決議を賛成多数で可決しました。

決議文は少女像について、「戦時中の性暴力について議論するきっかけになる」としていて、決議を受けてミッテ区は今後、継続的な設置を認めるものとみられています。

これについてベルリンの日本大使館は「日本政府の立場と相いれないもので、極めて残念だ。関係者に説明を続けて、像の撤去を求めていきたい」としています。