保育士や教員 就職前に性犯罪歴チェックする仕組みを要望 自民

子どもの性被害を防ごうと自民党の議員グループは、保育士や教員など子どもと接する仕事に就く前に、性犯罪に関わったことがないかチェックする仕組みを整備するよう、法務省に要望しました。

自民党の野田聖子幹事長代行らは、子どもの性被害の防止を求める要望書を上川法務大臣に手渡しました。

要望書では保育士や教員が子どもへのわいせつ行為で処分を受けても、数年後には免許を再び取得でき、処分歴を隠して別の職場で採用されるケースがあとを絶たないなどと指摘しています。

そのうえで、保育士や教員など子どもと接する仕事に就く前に、性犯罪に関わったことがないか、チェックする仕組みを整備するよう求めています。

上川法務大臣は「慎重な取り組みが必要だが、どんなことができるか真剣に考えていきたい」と述べました。

このあと、野田氏は記者団に「教育という子どもたちが逆らえない場所での悪質な性犯罪を撲滅していきたい」と述べました。