米司法長官 「ロシア疑惑」捜査 最後まで行うよう指示

アメリカのバー司法長官は、いわゆる「ロシア疑惑」の捜査をめぐり、FBI=連邦捜査局による情報収集などに違法性がなかったか、解明にあたってきた検事を、独立性の高い特別検察官に任命し、捜査を最後まで行うよう指示しました。

トランプ政権としては特別検察官を置くことで、来年1月に政権が交代しても、関係者の訴追を目指す姿勢を示したものと受け止められています。

ロシアによる2016年のアメリカ大統領選挙への干渉に、トランプ陣営が関与していたのかどうかなどを捜査した「ロシア疑惑」をめぐって、司法省は去年5月から捜査の過程で、FBIによる情報収集などに違法性がなかったか調べを続けてきました。

バー司法長官は1日、連邦議会の上下両院の司法委員会に書簡を送り、この中で、当初はことしの夏までに捜査の完了を目指したものの、新型コロナウイルスの感染拡大などで、できなかったとして、大統領選挙直前のことし10月、捜査を指揮してきたダーラム連邦検事を独立性の高い特別検察官に任命したと通知しました。

理由についてバー長官は「選挙の結果にかかわらず、ダーラム氏と、そのチームが最後まで捜査を行うことを保証するものだ」としています。
ロシア疑惑の捜査についてトランプ大統領は「政治的動機に基づく魔女狩りだった」と違法性を強く主張しており、バー長官としては、来年1月に政権が交代しても関係者の訴追を目指す姿勢を示したものと受け止められています。