Go Toトラベル 政府 都道府県と連携しながら対応検討へ

「Go Toトラベル」をめぐり政府は、東京都の要請を踏まえ、東京発着の旅行について、65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人に自粛を呼びかけることになりました。感染拡大地域については、引き続き、都道府県と連携しながら、対応を検討していく方針です。

「Go Toトラベル」をめぐり菅総理大臣は、1日、東京都の小池知事と会談し、東京発着の旅行について、65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人に一定期間、自粛を呼びかけることで合意しました。

会談のあと、菅総理大臣は、記者団に対し、「国と東京都がしっかりと連携し、感染拡大を何としても阻止することで一致した」と述べました。

政府は、社会経済活動への影響を最小限にとどめながら、感染を減少に転じさせたい考えで、感染拡大地域については、引き続き、都道府県と緊密に連携しながら、対応を検討していく方針です。

一方、死亡の発表が、1日、最も多くなったほか、重症者の数も増加していることから、政府は、警戒感を強めていて、自治体と連携しながら、病床や医療人材の確保に万全を期すことにしています。

そして、マスクの着用や「3密」の回避など、基本的な感染対策の徹底を粘り強く呼びかけるとともに、企業などにテレワークの推進を働きかけることにしています。